女性のアソコが濡れるとき

女性のアソコが濡れるとき、いったいその成分はどういったものなのでしょうか。分泌物の主成分は血漿で血液中の約半分を占める液体成分のようです。無色透明で弱酸性のため、舐めると酸味があります。分泌液が出てくるためには血流が豊富でないといけないので性的刺激は欠かせないのです。感じれば感じるほど濡れるのか、気持ちよければ気持ちいいほどたくさん濡れるのかというとどうもそうではないようです。もともと分泌量が多い人と少ない人がいるようなんですね。個人差がかなり大きいようです。体質による差ですが、汗をかきやすい人や女性ホルモンの多い人は出やすいようですね。たとえば、太っている人は女性ホルモンのひとつエストラジオールの値が高いことが多く、そういう人は分泌液が多い傾向にあるといわれたりします。膣壁以外からの分泌物もあるようです。子宮頚管といって子宮口から奥に向かって首のように伸びている部分があるのですが、そこから子宮頚管粘液が分泌されているようです。臆壁からの分泌液は興奮して血流が増すことで出ますが、子宮頚管粘液は生理周期にしたがって分泌されるようですね。
人妻出会い系サイト セフレ


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.

There are no comments yet, be the first to say something


Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>