婚活の時に欠かせないもの

出会い系サイトでの婚活サイトも現在では色々ありますから、サイトを選ぶだけでも一苦労です。決められないようでしたら、ネット上の口コミなどを見て各サイトの利用者からの感想を見比べるのが得策です。色々な情報で比較して、最も自分に向いているサイトを見つけ出したいものです。 Read the rest of this entry »

性的な快感を得るため

小陰唇というのも大陰唇と同じように、刺激を受けると充血して膨張するようですね。それまでは膣口を守るように閉じていたものが、ペニスを受け入れやすいように開いていくのです。大陰唇や小陰唇は、年齢が経過していくともにメラニン色素が沈着して黒っぽくなっていくのですね。でもこれは性体験とはまったく無関係なようです。セックスをたくさんしている女性のほうが黒っぽくなるというような話がよくなされたりしますが、これは全くのデマにすぎないようです。小陰唇の上の合わせ目部分にあるのがクリトリスで、女性の身体の中でもっとも敏感な部分ですね。なぜそこまで敏感かというと小さなクリトリスの中に神経が集中しているからですね。発生学的には男性のペニスにあたるようです。だからクリトリスも内部が海綿体構造になっているのです。ペニスと同じように、クリトリスも包皮につつまれていて通常時には隠れているわけですが、刺激を受けると充血し勃起するのですね。クリトリスもなんのために存在しているのか、まだよくわかっていないようですね。でもクリトリスが非常に敏感なのは、性的な快感を得るためであると考えたほうが合理的だと言われることが最近は多いようです。

女性のアソコが濡れるとき

女性のアソコが濡れるとき、いったいその成分はどういったものなのでしょうか。分泌物の主成分は血漿で血液中の約半分を占める液体成分のようです。無色透明で弱酸性のため、舐めると酸味があります。分泌液が出てくるためには血流が豊富でないといけないので性的刺激は欠かせないのです。感じれば感じるほど濡れるのか、気持ちよければ気持ちいいほどたくさん濡れるのかというとどうもそうではないようです。もともと分泌量が多い人と少ない人がいるようなんですね。個人差がかなり大きいようです。体質による差ですが、汗をかきやすい人や女性ホルモンの多い人は出やすいようですね。たとえば、太っている人は女性ホルモンのひとつエストラジオールの値が高いことが多く、そういう人は分泌液が多い傾向にあるといわれたりします。膣壁以外からの分泌物もあるようです。子宮頚管といって子宮口から奥に向かって首のように伸びている部分があるのですが、そこから子宮頚管粘液が分泌されているようです。臆壁からの分泌液は興奮して血流が増すことで出ますが、子宮頚管粘液は生理周期にしたがって分泌されるようですね。
人妻出会い系サイト セフレ

男女がうまく関係を維持していくための方法

男女がうまく関係を維持していくためには忘れる努力というものも大切なわけですね。だからこそ過去の過ちを引き出して口論するということは、二人にとっては意味がないことである場合が多いのです。男が口論で女に勝つ方法はないにしても、衝突を避ける対処の仕方は多くあります。彼女を前向きにすること、時には距離を置いて、頭を冷やすことも必要になるかもしれないですね。女性と男性の脳は相容れない存在である、ということに気がつけばケンカは避けられるかもしれませんね。女性とケンカすること自体意味がないということかもしれません。 Read the rest of this entry »

忘れるということ

忘れるというのは、人間の記憶の基本ですよね。イヤなことを忘れていく、それがあるから前向きに生きることもできるわけです。しかし、何度も繰り返して思い出していると、イヤなことを決して忘れない記憶にしていくのです。記憶力がいいことは受験勉強では有利でしょうが、人生を生きていく上には必ずしもプラスにはならないという面もありますよね。男は女性の反感を買う言葉をかけたり、そうした刺激を繰り返したりしないように注意しなければなりません。女性に多い、左脳型の女は自分が納得できないと怒ります。 Read the rest of this entry »

出会いを見つけるのは

二人関係のおけるコミュニケーションの問題。言い争って激しく傷つけ合うというのは何もプラスがなくお互いに疲れ果てるだけです。例えば母親に黙ってもらうには、「よかったね、お母さんはお父さんの出会いを見つけられて」「お母さんの子どもなんだから、私もそのうち幸せになれるよ」と、軽く褒めることは忘れずにけん制するという賢いやり方などがいいかもしれません。こちらの領域に踏み込ませないよう、煙に巻いたり、ごまかしたりしたらいいということではないでしょうかね。相手に対して言いたいことがあるかもしれませんが、そこはあえてリスクは冒さず、相手の干渉を遠ざける知恵をつけるというのがいいかもしれません。「お母さんはお父さんをどうやって見つけたの?」「お母さんは本当に幸せだね、お父さんと出会い、結婚できて、ちゃんと生活できて、おまけに私みたいに可愛い子まで生まれちゃって」「私もお母さんみたいに、がんばって探すね」これくらいのほめ殺し発言をしたらいいというようなアドバイスを受けたりすることもありましたが、ちょっとそれはいきすぎかもしれませんね。でも距離を保つという意味ではよいのかもしれません。いくら言われても、本当に自分がよいという人との出会いなんて、なかなか簡単に見つかるような時代でもないように思えますし。出会いにはあまり忙し過ぎない環境は心の余裕も必要だったりすると思います。

お互いを侮辱すること

話は続きます。「私は最近、彼を無視していました。私たち夫婦はほとんど何も話しません。話すことといえば、お互いを侮辱することくらいです。この家の中には見えない緊張の糸が張り巡らされています。子どもたちは何か問題が起こっていることを感じたのでしょう。そして、それがいやなんだと思います。もちろん、私も好き好んでこの状態でいるわけではないのですが、だからといってどうしたらいいのか、さっぱりわかりません。旦那はよく私に当たり散らします。彼は、私は正しいことが何もできないと言うのです。息子の自転車が駐車場の目の前にあって邪魔だったと言って、私たちを罵りはじめました。 Read the rest of this entry »

人との出会いが幸せを呼ぶ

そしてそのような二人の関係は、精神的に影響を及ぼし始めているようです。お互いの暖かい幸せのために結婚したにも関わらず、その相手のせいで精神的に押しつぶされてしまうというのは何という皮肉な事態でしょうか。

「私は、子どもたちには壊れた家庭で育ってほしくありません。私は彼の最近の行動に対しては、本当に腹が立っています。今や彼は子どもたちにもあたるようになりました。そして子どもたちは、私たちが問題を抱えていることに気づいています。それは、子どもたちの目を見ればわかります。私たちは子どもたちの前では絶対にけんかはしません。私はしっかりと口を閉じています。そのストレスに押しつぶされそうになることもありますが、何よりも私は、この家庭を壊したくないので、なんとか我慢をしています。」

せっかくの素敵な出会いがこのような結末をまねくというのは悲しいことです。何とか出会った頃のような仲のよい、お互いを思いやっていた関係を取り戻すことができないものでしょうか。人との出会いが幸せを呼び、そしてその出会いが絶望をも生むというこの矛盾に満ちた人間関係というものを改善する方法をさらに検討していきたいと思います。

人の創造力は常に活発

人の創造力は、常に活発なんですよね。不幸せな夫婦は自分たちがもっているはずの創造力をほとんど使っていないといえるでしょう。不幸せな結婚に手を差しのべる新しいアイディアに、高度な創造力が求めらるということはないですよ。パートナーがあなたに対してどんな態度をとったとしても、あなたは、パートナーがしてほしいと思うようにしてあげればよいと思います。パートナーと一緒に新しい何かをはじめるとしたら、何をしたいですか?不幸せな結婚はふたりだけの問題ではありません。それを示すようなある夫婦の話です。 Read the rest of this entry »

今までと違う振る舞いをしてみる

誰かに、どうして今までと違う振る舞いをしているかと尋ねられたとしたら、「結婚をより良くするために身につけるべきことを学んでいるんです。そして、結婚にとって有害なことは止めるようにしているんです」と話すとよいかもしれませんよ。もしその人たちがその内容についてもっと知りたいと言ってくれば、ふたりが分かち合いたいと思っている範囲内で話すのもよいと思います。大切なのは結婚生活で笑いを活性化させることです。好きなお笑い芸人がいたらときには研究するのもよいでしょう。彼らは新しく、ユニークなものの見方をして、現実を軽く受け流します。彼らからヒントを得ることができるかもしれませんね。もちろん、下品なことが好きでなかったら、そういった芸人のものは見なければよいことです。 Read the rest of this entry »

小さなことの積み重ねが大切

感謝のことばを伝える一番大切なことは、お互いに対して感謝のことばを伝える努力をすることでしょう。結婚は困難がつきまとうものです。子育てや義理の子どもの面倒、親の介護、親戚付き合い、ペットの世話、気の合わない隣人との付き合い、したくもないお金の貸し借り。こうした大変な状況は、あなたがたに、たくさんの努力を強いることもあるでしょう。そして、そうした義務をまっとうしていく中で、ともに歩んでくれるパートナーへの感謝のことばを、忘れてしまうことがあるのです。パートナーへの感謝を忘れてしまうことは、あなたの結婚を支える重要な機会を逃すこととなってしまいます。もし、奥さんが彼の娘のためにしてくれていることに対して、彼が感謝のことばをかけ、ときには彼女に賛同してともに努力をするようになれば、ふたりの関係はかなり良くなったことでしょうね。 Read the rest of this entry »

退屈というのは危険は兆候

退屈というのは危険は兆候なんですよね。問題のなかったふたりの関係にひびを入れることもありますから。よってできるだけ結婚生活から退屈を取り除く努力をすることをお勧めします。退屈とは、いつもと同じ行動をとっていながら、斬新な結果を期待しているために起こるものです。それを解消するためには黄金律を試してみるのもよいでしょう。「パートナーがあなたに対してどんな態度をとったとしても、あなたは、パートナーがしてほしいと思うようにしてあげなさい」ということが重要なようですね。たとえば、結婚生活の中で自分が使っていることばを振り返り、そこから非礼なものを取り除くことからはじめるのもよいでしょう。もしくは、相手が凡帳面な人であれば、自分のシャツが出ていたら、必ずそれをズボンの中に入れると心に決めることもよいかもしれません。相手が容易に予想できることではないほうがよいでしょうね。 Read the rest of this entry »

関係を破す最悪の行為

少なくとも、新しく支援的なものが必要であるというのは確かでしょう。これには多少なりとも努力が必要ですが、この努力は、今はうまくいっていないふたりの関係を育むことになるでしょう。一緒にすることが何であっても、結婚からふたりの関係を破す最悪の行為を取り除き、ポジティブなやりとりを使えば、ふたりの関係には大きな違いが生まれることになるのですね。人間関係を破すよくない行為というものをまとめてみます。「批判する」「責める」「文句を言う」「ガミガミ言う」「脅す」「罰する」「ほうびで釣る」ということでした。こうしたものをもち出さないことが、ふたりの関係を良くする大きなポイントであるということはまちがいないようです。そして、その代わりに、新しいことをふたりで行なうときには、完全なるポジティブな行為や言葉を使うのですね。 Read the rest of this entry »

お互いの理想を共有

私たちがお互いの理想を共有するためにできることは、それぞれが理想に固執することなく、「私の理想」から、よりお互いが満たされる「私たちの理想」に、理想を入れ替えることしかありません。これは、特に奥さんにとっては、とても難しいことでしょう。なぜなら、彼女が理想としている赤ちゃんを授かるということは、生存の欲求からきていることだからです。幸せな結婚をしている父親としての自分を理想としてもてるのであれば、ふたりの争いはなくなるでしょう。しかし、もし彼がそうしなかったら、彼らの結婚は不幸せな結果へとむかっていってしまうかもしれません。ふたりが幸せな結婚を手に入れるためには、自分たちにとって共存し得ない理想について話し合い、お互いに理想の世界の何を入れ替えるかを決める必要があります。違いについて交渉することができれば、必ず彼らは今よりも幸せになるでしょう。 Read the rest of this entry »

タイミングが違うということ

子供を望むタイミングが違うということで大きな関係悪化につながってしまうということは、多くの夫婦間で起こっていることのようです。こんな男性側の話を聞きました。

「僕が彼女の望みを叶える気がないと、彼女は思っているようですが、そんなことはありません。僕はいつも彼女のことを考えています。子どものことも含めて、僕がふたりの人生について真剣に考え、何がふたりにとって幸せかを考えていないなら、ここまで慎重にはなりません。僕がいつかは良い父親になりたいと思っていることは彼女も知っているはずです。そのことは結婚をする前から話し合ってきました。日ごとでストレスを感じていますし、彼女もまた、僕に対してもストレスを感じているようです。この前、彼女は僕に対して「このわからずや」と叫んできました。今までそんなことを言われたことはなかったんです。私たちはこれまで一緒にいて、とても幸せでした。僕は、子どもがふたりの聞に入ってくるのではないかと心配しています。これまでは彼女の一番大切なものは僕でした。赤ちゃんが生まれたら、それが変わることは確実です。 Read the rest of this entry »

関係性の急変

なぜ、激しく愛し合って結婚するのに、いつの頃からか一番憎しみを抱くような険悪な人間関係になってしまうのでしょうか。それにはとにかく色んな理由があります。例えば赤ちゃんを欲しいかどうかで取り返しのつかなくなるほどの不仲になってしまうというようなこともあるようですね。たとえばこんな話を聞きました。

「僕もいつかは子どもをほしいと思っています。ただ、それが今ではないだけなんです。それなのに彼女は「どうして今ではないの?いいでしょう、お願い」と言い続けています。僕はそのたびに彼女が納得できるようにさまざまな理由を挙げています。主な理由としては、僕はまだ、子ども中心の生活になるのがいやなんです。僕たちはまだ若いし、今はどこにでも行けるし、何でもできます。それに、彼女が仕事を辞める前に、もう少し貯金をしたいんです。落ち着いたら彼女は働きに出ると言っていますが、そんなことは絶対にありえません。僕が欲しいのはもう少しの時間だけなんです。もう気が狂ってしまいそうです。彼女は何があろうと決してあきらめません。でも、彼女は僕が必要としていることを認めてくれていません。彼女は僕のことよりも、赤ちゃんのことを大切に考えているようです。彼女が赤ちゃんをおいて働きに出るわけがないんです。もちろん、赤ちゃんと一緒に家にいることだって、余裕があるのならばいいと思いますよ。でも僕たちには家のローンの支払いもあるし、僕の昇給もまだ時間がかかりそうです。新しい家族を迎えるときは必ずくると思っていますから、僕もその話をする気はあるんです。ただ、それが今ではないということなのです。」 Read the rest of this entry »